イグアナが餌を食べなくなった?拒食を放っておくのは命の危険が!今すぐに対応するべき
スポンサーリンク

イグアナが突然ご飯を食べなくなったらとても心配しますよね。

 

イグアナのメスの成体でご飯を食べなくなることはよくありますが、拒食があまりにも長く続くのはとても危険です。

 

僕が飼育しているイグアナは2015年に生死を彷徨いました。初期症状は拒食でした。

 

今回はイグアナの拒食に関して記事を書きます。

スポンサーリンク

イグアナのメスは拒食の時期がある

イグアナのメスは繁殖期を迎えると卵を持ちます。イグアナが何かを掘ろうとし始めたら、繁殖期だと考えて良いです。

 

イグアナは交尾をしなくても卵を持ちます。 無精卵と呼ばれています。

 

卵をお腹に抱えると、胃が圧迫されるためご飯を食べることができなくなります。

 

ですので、拒食自体は正常だということですね!

スポンサーリンク

拒食が長引くのは危険

ボクが飼っているイグアナのパトちゃんは今までに2回ほど無精卵を産みました。

 

そのときは餌を1一か月ほど食べませんでした。水だけは飲むというかんじです。

 

イグアナを飼ってから、三回目の発情期が訪れました。

 

でも、今回はいつもと違い拒食の時期が長いのです。何も食べないので、日に日に衰えていきました。

 

 

自分の命を削りながら、懸命に土を掘ろうとする姿はあまりにも可哀そうで、見るたびに涙が出てきました。

 

さすがに様子がおかしいと思い、掛かり付けの動物病院に連れていくとまさかの緊急手術。

 

もっと早く、病院に連れて行ったらと本当に後悔しました。

 

病気の名前は卵停滞で、自力で産卵することが困難になるという病気です。 幸い手術は成功しましたが、この病気で命を落とすイグアナを多いとのことです。

 

 

 

 

こちらがイグアナのお腹に詰まっていた卵になります。苦手な方は申し訳ありません。

 

手術で卵と卵巣を摘出してもらったので、それ以降は拒食をすることは無くなりました。 当然、卵を持つことは二度とないです。

 

費用は手術代、入院費を含めて、10万円近く掛かりました。

 

つまり拒食が続くと最悪このようなケースが考えるというわけです。

 

病気を未然に防ぐ方法は?

ボクがイグアナを飼う中で大切だと考えることをアドバイスさせてください。

 

獣医ではありませんので、悪魔で経験からのアドバイスになります。

記録をつける

イグアナの様子の記録をつけることは有効ですよ!

うんちやご飯の量など、ささいな事でも良いです。

 

そうすることでいつもと何か変わった様子があった場合すぐに気づくことができます。

すぐに病院に連れていく

普段と様子が違うなと感じたらすぐに病院に連れていきましょう。 定期健診に連れていくことも大切です。

 

また、イグアナを診察してくれる病院は少ないので、連れていく動物病院は事前に確認しましょう。 緊急時に焦ることのないようにしましょう。

 

福岡県近隣でしたら、福岡県のバーツ動物病院がおすすめです。

 

 

きちんとした知識をつける

大切なイグアナが不幸な目に合わないためにも勉強することが大切だと思っています。

 

エキゾチックアニマルは犬や猫よりも情報が圧倒的に少ないですからね。

 

ボクはpubmedと呼ばれているサイトを使い、イグアナに関する情報を集めています。

まとめ

イグアナの拒食を甘くみていると命に係わる危険な病気になる可能性がありますので、イグアナを飼育している方は十分に気を付けてください。

スポンサーリンク